日商エレ、Infineraと共同で160波長C-Band DWDM伝送を実証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、Infineraと共同で160波長C-Band DWDM伝送を実証


掲載日:2012/12/03


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は、米Infinera Corporationと共同で、「Infinera DTN-X」を使用して、総長800kmを超えるITU-T G.653準拠分散シフトファイバー(DSF)上で、C-Band帯での最大8Tbps/160波長の長距離伝送に成功したと発表した。

 「Infinera DTN-X」は、1スロットのモジュールに500G光集積チップとデジタル・コヒーレント技術(偏波モード分散、波長分散といった伝送品質劣化要因の影響を受けにくくし、40Gbpsや100Gbpsを高速伝送させるための技術)を用い、偏波モード分散耐力を有する、複数波長を用いたスーパーチャネルでの長距離伝送が可能な次世代プラットフォーム。

 DSFは日本国内で多く導入されているが、これまで長距離かつ複数波長をC-Band上でDWDM伝送することは、極めて困難であったとしている。今回、日商エレの新技術サービスセンタ“NETFrontier Center”において、同製品のデジタル・コヒーレント機能及びSD-FEC(データ転送における誤り制御システムの一種)を使用し、800kmのDSF上でC-Band帯に最大8Tbpsのトラフィックをエラーなく伝送可能であることを実証した。

 これらの技術を使用することで、日本国内で限定的に使用されるL-Bandではなく、C-BandによるDWDM伝送で、DSFの伝送制限を克服でき、現在DSFを使用している利用者でも、東名阪などの長距離伝送区間において、テラビット級の大容量バックボーンネットワークの構築が容易になるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043222



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ