GMO VenturePartners、VCファンドを設立し新規投資を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMO VenturePartners、VCファンドを設立し新規投資を開始


掲載日:2012/11/30


News

 GMO VenturePartners株式会社は、ベンチャーキャピタル(VC)ファンド“GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合”を設立し、本格的に新規投資を開始したと発表した。

 “GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合”は、スマートフォンやアドテクノロジー、プラットフォーム、Eコマース/決済、エンタープライズ・ソーシャルの分野におけるスマートフォン、ソーシャル関連の技術・サービスに関わるベンチャー企業を支援する、GMOインターネットグループのVCファンド。

 同ファンドの投資案件の第1号として、東南アジア初となるマイクロペイメント(小額決済)を新しいキャリア決済で可能とするシンガポールCoda Payments PTE. LTD.に出資した。

 GMO VenturePartnersは、2005年よりGMO VenturePartners投資事業有限責任組合とブログビジネスファンド投資事業有限責任組合、Social Ad & Commerce technology Fundなどを運営している。今回、同社は、既存ファンドの新規投資の完了にともない、新たな投資テーマを設定し、大きなリターンを目指すため、同ファンドを設立したと伝えている。従来の日本国内や中国に加えて、東南アジアにおける広告/EC/決済/スマートフォンなどの分野への投資も想定したファンドとなる予定である。

 同ファンドにおいては、GMOインターネットグループ各社が出資者として参加しており、経営資源を活用した、収益に直結する投資・支援活動を展開していく。投資対象は、GMOインターネットグループ各社とのシナジー効果が期待できる“Eコマース/決済”“アドテクノロジー”“エンタープライズ・ソーシャル”の分野において、スマートフォン、ソーシャル関連の技術・サービスに関する独自の技術・事業モデルを持つベンチャー企業である。当初は5億円で設立、上限10億円をめどに募集する。

 なお、GMOインターネットグループでは東南アジアを含め海外展開を重視しており、同ファンドにおいても組成にあたり、東南アジアを重要な投資エリアと位置づけているとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】 「仮想化インフラについての課題」意識調査 【ヴイエムウェア】 「アプリケーション仮想化」に関するアンケート 【ヴイエムウェア】
社内SNS 社内SNS IaaS/PaaS 垂直統合型システム その他仮想化関連
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは Amazonギフト券5000円分が当たる:「仮想化インフラについての課題」意識調査 Amazonギフト券5000分が当たる「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043177



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ