AITなど、IBM SCEクラウド環境向けのOSSサポートサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AITなど、IBM SCEクラウド環境向けのOSSサポートサービスを提供


掲載日:2012/11/30


News

 株式会社AITは、SRA OSS,Inc.日本支社と協力し、IBMが提供するクラウド環境「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」向けのOSS(オープンソースソフトウェア)サポートサービス「OSSサポートサービス for SCE」を提供する。価格は、1仮想サーバ上の1ソフトあたり月額5986円から。

 「OSSサポートサービス for SCE」では、ユーザが利用するソフトウェアのみを対象に、利用期間だけ月単位でOSSのサポートを契約できる。サービス内容は、CentOSでのインストールパックの提供や、技術問い合わせ対応(ソフトウェアの設定方法、開発中の使い方、ソースコード解析など)、障害対応。

 システムの基盤になるOSや主要なミドルウェアをサポートする。対象OSSは、Apache/Tomcat/PostgreSQL/memcached/Postfix/Dovecot/Bind/OpenLDAPで、順次拡大される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 1仮想サーバ上の1ソフトあたり月額5986円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 マルチベンダーインフラ保守やトラブル対応をまとめて簡単に 【日本アイ・ビー・エム】 事例:マルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは 【日本アイ・ビー・エム】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 インフラ周りは管理も運用も複雑で……ベンダーが混在する環境はどう整理する? 導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043172


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ