採用:法政大学 大学院、PSTCの「帳票OCR」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:法政大学 大学院、PSTCの「帳票OCR」を導入


掲載日:2012/11/29


News

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、法政大学 大学院 人間社会研究科に業務向けの帳票OCRソフトウェア「帳票OCR」を納入したと、発表した。

 「帳票OCR」では、帳票の活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどをOCR認識し、編集可能な電子データに変換できる。

 法政大学 大学院では、研究活動に利用するアンケート集計作業の効率化に、「帳票OCR」を活用している。

 主な導入効果として、膨大なアンケートの集計時間を大幅に短縮できたこと、高い認識精度でチェックマークを認識し入力ミスを削減できたこと、統計解析ツールとのスムーズな連携で分析作業を効率化できたことを挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子帳票システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票システム」関連情報をランダムに表示しています。

「電子帳票システム」関連の製品

Create!Form 【インフォテック】 電子帳票システム「活文 Report Manager」 【日立ソリューションズ】 帳票ソリューション 「ActiveReports 11.0J Server」 【グレープシティ】 biz-Stream v4 【ブレインセラーズ・ドットコム】 帳票出力サービス プリントクリエイター 【ソフトバンク コマース&サービス】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる! ノンプログラミング開発が可能なオールインワン帳票ソリューション。電子帳票の運用環境を簡単に構築できる。帳票設計から管理、運用まで幅広い領域をカバー。 シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 kintoneと連携し、帳票や各種資料の印刷を行うことができるサービス。
出力枚数、利用ユーザー数は無制限。固定料金で安心して利用することができる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043165


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ