SBT、クラウド基盤活用し、Office 365とAD連携させる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、クラウド基盤活用し、Office 365とAD連携させる製品を提供


掲載日:2012/11/29


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、Microsoft Office 365とActive Directory(AD)の連携ソリューションを「ADFS(Active Directory Federation Services)on Cloud」としてメニュー化し、提供を開始する。

 「ADFS on Cloud」は、クラウド基盤を活用し、Office 365をADと連携させるためのソリューション。サーバ購入の費用負担不要で、資産を保有することでの運用負荷を軽減できる。また、BCPを構築することで、自社の災害時でも社内システムを利用できる。同社は自社導入の経験を活用して、Office 365の導入から監視や運用サポートまでトータルサービスとして支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043150


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ