矢野経済研究所、ITガバナンスに関するアンケート調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、ITガバナンスに関するアンケート調査結果を発表


掲載日:2012/11/28


News

 矢野経済研究所では、ITガバナンスの実施状況について、調査期間を2012年7月〜2012年10月の間、調査対象を国内の民間企業、団体、公的機関などの法人とし、郵送アンケート形式で調査した。

 同アンケート調査は、ITガバナンスの実施状況を調査・分析したもの。ITガバナンスの対象範囲、売上高規模別・国内外別にみたITガバナンスへの取り組みについて取り上げている。

 調査結果のサマリーとして、国内に子会社を持つ企業323社のうち国内グループ企業をITガバナンス対象としている企業は51.1%だったのに対し、海外に子会社を持つ企業173社のうち海外グループ企業をITガバナンス対象としている企業は31.8%に留まったこと、海外に子会社を持つ企業が海外グループ企業をITガバナンスの対象にしている比率を企業規模別にみると、年商1000億円以上の大手企業では75.0%に達したが、年商50億から100億円未満の企業では14.3%、年商500億から1000億円未満の企業でも31.6%であったことを挙げている。

 また、海外グループ企業の情報システムの導入や運用が現地任せとなっている場合、中堅中小企業は大手企業と違って予算や人的リソースが潤沢にないため対応が後手に回りがちで、セキュリティやリスク管理の問題及び、海外での生産や販売の業績管理を効率的に行なえないといった問題が起きやすいとしている。一方でITガバナンスは企業のグローバル化を成功させる重要な要素であり、企業規模を問わず、特に中堅中小企業のグローバルITガバナンスの実現が急務であると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043105



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ