提携:MS、コラボレーション製品をパートナークラウドで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:MS、コラボレーション製品をパートナークラウドで提供


掲載日:2012/11/28


News

 日本マイクロソフト株式会社(MS)は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、日本電気株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、株式会社日立システムズ、富士通株式会社の5社と「Partner Hosted Productivity Cloud」(以下 PHPC)の契約を締結し、マイクロソフトのメール&コラボレーション製品群のクラウドサービスを、各社の国内データセンタから利用者に11月末より順次提供開始すると、発表した。

 「PHPC」は、Microsoft Windows Server、Microsoft System Center、Microsoft Exchange Server、Microsoft SharePoint Server、Microsoft Lync Serverを中心としたマイクロソフト製品を、パートナー企業が各社のデータセンタで運用し、利用者にプライベート クラウドサービスとして提供するもの。

 MSは、マイクロソフトのデータセンタからメール及びコラボレーション機能をパブリック クラウドサービスとして提供する「Office 365」を提供しているが、「Office 365」に加えて、様々な利用者のSLA(Service Level Agreement)や利用形態へのニーズに対応するため、PHPC提供各社とともに、各社のシステム構築・運用技術やサポートにおける強み・経験を活かしたクラウドサービスを新たに提供する。利用者は初期投資を抑え、すぐ利用できるなどのクラウドのメリットを活かしながら、経営戦略やIT環境に合った柔軟なサービスを利用できる。



関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043092



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ