セカンドファクトリー、DocZoomを利用できるSaaSをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セカンドファクトリー、DocZoomを利用できるSaaSをリリース


掲載日:2012/11/28


News

 株式会社セカンドファクトリーは、インタラクティブなマルチメディアドキュメントを扱える閲覧/共有フォーマット“DocZoom”をSaaS型で利用でき、初期導入費用を抑えられるWebサービス「DocZoom for Cloud」をリリースした。

 「DocZoom for Cloud」では、“DocZoom”コンテンツの生成/オンライン管理といった各種サービスを利用できる。また、オプションとしてパッケージ製品「DocZoom Creator」を組み合わせることで“DocZoom”コンテンツの編集機能を付加することもでき、割安な「DocZoom for Cloud Ceator」パックも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Windows Server 2008サポート終了までにやっておきたい、ファイルサーバ移行 【ジャストシステム】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 SaaS型文書管理パッケージ Documal SaaS 【富士通】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っている。残された時間を、ファイルサーバを見直す最大のチャンスと捉えよう。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をPCで操作でき、ネットワーク経由でのやりとりを可能にすることで、業務を効率化する。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 インターネット環境があれば、どこからでも利用できる、SaaS型の文書管理・ワークフローサービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043085


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ