採用:大手通信企業各社がクラウドサービスの基盤にCitrixを選択

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大手通信企業各社がクラウドサービスの基盤にCitrixを選択


掲載日:2012/11/22


News

 米Citrixは、世界の大手通信企業の多くが、次世代のクラウドコンピューティングの基盤として、「Citrix CloudPlatform,powered by Apache CloudStack」を採用したことを発表した。これら通信企業には、BT、China Telecom、EVRY、IDCフロンティア、KDDI、KT、NTTコミュニケーションズおよびSlovak Telecomが含まれると伝えている。

 「Citrix CloudPlatform」では、世界の通信プロバイダと市場に合わせて、カスタマイズしたクラウドコンピューティングサービスを提供するために必要な、様々な管理ソフトウェアとインフラストラクチャ技術が提供される。Apacheソフトウェア財団において現在インキュベーション段階にあり、オープンソースのクラウドコンピューティングプロジェクトである“Apache CloudStack”をベースにしている。

 “Apache CloudStack”は、上記の大手プロバイダなどをはじめとした様々な顧客の要望に応えるため、優れた拡張性を持ったIaaSクラウドの構築、管理及び配信のためのオープンソースプラットフォームへと成長してきた。“CloudStack”は、現在3万以上のコミュニティメンバー、多数の認定アプリケーション、数百の本番環境での実稼働実績を持ち、業界最大手各社によるクラウド関連ビジネス収益は、10億ドルを超えている。

 導入が進んでいる背景には、「Citrix CloudPlatform」が、経済性、弾力性、拡張性を考慮して設計されたオープンソースプラットフォーム上に、本番環境で使用できるクラウドを構築するための優れた方法であり、更にCitrixがビジネスとして関与し、サービスの構築に必要なサポートを提供しているためとしている。世界中で140以上の顧客に導入された実績を持つ「Citrix CloudPlatform」は、特定のハイパーバイザにとらわれないオープンなプラットフォームとして、様々な規模の顧客において、Amazonスタイルのクラウドを構築できるよう支援するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】 ハードはどこから刷新すべき? 課題別の製品選びでIT環境を改善 【レノボ・ジャパン】
サーバー仮想化 サーバー仮想化
ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。 ハードウェア刷新、どこがボトルネック? 解決法が一覧で分かる

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043011


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ