TSS LINK、情報漏洩対策ソフトのDocuWorks保護オプションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSS LINK、情報漏洩対策ソフトのDocuWorks保護オプションを発売


掲載日:2012/11/22


News

 株式会社ティエスエスリンク(TSS LINK)は、情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Active WebPage」の新機能として、Webシステムで公開するDocuWorks文書ファイルの印刷やコピーなどを制御できる「DocuWorks保護オプション」を発売した。

 「Pirates Buster for Active WebPage」では、ブラウザに表示されるHTML/PDF/Flash/Microsoft Office(オプション)などのファイルを保護し、ダウンロード(保存)/印刷/データコピー/画面キャプチャ/プリントスクリーンなどによる不正利用を防止できる。

 今回発売された「DocuWorks保護オプション」では、DocuWorksファイルに対するこれらの不正利用を防止できる。「Pirates Buster for Active WebPage」で保護できる対象が更に拡大され、オフィスで利用される様々な文書に対してセキュリティを強化できる。


出荷日・発売日 2012年11月19日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042984


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ