NEC、仮想化基盤に適した無停止型サーバ新製品4モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、仮想化基盤に適した無停止型サーバ新製品4モデルを発売


掲載日:2012/11/21


News

 日本電気株式会社(NEC)は、無停止型サーバ(フォールトトレラント・サーバ:ftサーバ)「Express5800/ftサーバ」で、メモリやHDD、ネットワーク性能を強化し、仮想化基盤に適した新製品4モデルの出荷を11月30日に開始する。

 「Express5800/ftサーバ」は、CPUやメモリなど主要なハードウェアを2重化し、ハードウェア障害に起因するシステム停止のリスク低減を図った高可用性サーバ。今回の新製品では、2モデルがラインアップされ、サーバ統合の規模や処理性能に合わせて選択できるほか、システムを長期間使用したいというニーズに合わせた「長期保守(10年)対応モデル」もリリースされ、最大10年間の長期保守に対応する。

 Xeon E5-2600製品ファミリーを採用し、従来機「Express5800/R320b-M4」に比べ50%(同社評価実測環境)の性能向上を達成している。メモリを最大256GB、ディスク容量を最大7.2TBまで搭載できるほか、10GBase-Tネットワークポートを搭載するなど、拡張性が向上していて、サーバ統合基盤に求められる高度なハードウェア性能を備えている。

 仮想化ソフトウェアWindows Server 2008 R2 Hyper-Vをサポートしている上、NEC独自の2重化制御チップ“GeminiEngine”に、新たに“NTB(Non-Transparent Bridge)”機能が搭載されたことで、ハードウェアの障害が起きた場合に、ハードウェアを2重化の状態に復旧するためのメモリコピー時間が従来機比79%縮小され、障害から復旧する際にも業務への影響を最小限に抑えられる。

 工場の生産ライン制御や物流管理など、設備投資のサイクルが比較的長期になるユーザ向けに「長期保守(10年)対応モデル」が用意されている。同モデルでは、毎年の定期点検に加え、定期的な部品交換などが行なわれ、長期間使用できる。


出荷日・発売日 2012年11月30日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ? 【日本ヒューレット・パッカード】 サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法 【オリックス・レンテック】 2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用 【インテル】 次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ? サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法 2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用 次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは? “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042980


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ