エクセルソフト、数値演算アプリの開発/最適化支援製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、数値演算アプリの開発/最適化支援製品を発売


掲載日:2012/11/21


News

 エクセルソフト株式会社は、インテルコーポレーションが提供する「インテルVisual Fortran Composer XE 2013 Windows版 IMSL 同梱」を発売した。シングル・ユーザ・ライセンスの価格は24万6000円。

 「インテルVisual Fortran Composer XE 2013 Windows版 IMSL 同梱」は、新しいプロセッサに対する数値演算・解析プログラムの開発/最適化を支援するソフトウェア開発ツール。最適化を行なうためのインテルFortranコンパイラーにIMSL Fortranライブラリーが同梱されていて、新しいプロセッサ向けの高度な数値演算アプリケーションを短時間で開発するために利用できる。新版の「2013」では、Visual Studio 2012やWindows 8をサポートしている。

 インテルVisual Fortran Composer XE 2013では、バージョン2011(インテルVisual Fortranコンパイラー12.1)に比べ高速なバイナリを生成するインテルVisual Fortranコンパイラー13.0を使用でき、次世代プロセッサの拡張命令“インテルAVX2”に対応する。

 1000以上の数値計算、特殊関数、統計解析用の関数を提供する、ハイパフォーマンス・コンピューティングの数値計算・統計解析用ライブラリ「IMSL Fortranライブラリー6.0」が同梱されているほか、BLASやLAPACK、ScaLAPACK、スパースソルバー、高速フーリエ変換、ベクトル・マス・ライブラリなどを含む最適化/並列化済み数値演算ライブラリで、“インテルAVX2”に対応する「インテルMKL 11.0 Update1」も使用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 シングル・ユーザ・ライセンス:24万6000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 カスタムメイド型業務アプリ作成ツール AppSuite(アップスイート) 【ネオジャパン】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 “現場のムダ”は現場主体で解消、生産性向上を今すぐ始めるためのヒント_UnitBase 【ジャストシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 紙、メール、Excel主体で行われている非効率な社内業務を簡単にシステム化できる業務アプリ作成ツール。各種書類のWeb化により業務効率アップを実現。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 “現場のムダ”は現場主体で解消、生産性向上を今すぐ始めるためのヒント

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042969


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ