co-meeting、リアルタイムコラボレーションツールをiPadに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


co-meeting、リアルタイムコラボレーションツールをiPadに対応


掲載日:2012/11/21


News

 株式会社co-meetingは、チームの様々な情報を共有できるリアルタイムコラボレーションツール「co-meeting」を、iPadのブラウザに正式対応させた。

 今回iPadに対応したことで、外出先や移動中など、PCの利用が難しい状況でも同ツールを利用できるようになった。

 PCに比べ狭いiPadの画面サイズに合わせてミーティングリストを開閉できる。ディスカッションやノートを開いている時にもミーティングの未読バッジは見えるため、新着の見逃しを防げる。また、iPadを縦向きにした場合は、ノートが右に隠れ、更に小さな画面でもスムーズに使える。スワイプすると隠れたノートを引き出せる。

 グループ選択メニューやメッセージの編集ボタンが指で押しやすいサイズに変更されている。また、ブラウザから“ファイル選択”でカメラを起動できるiOS 6の標準機能を利用して、iPadで撮影した写真を直接同ツールに貼り付けられる。ホワイトボードを使った会議でも、簡単にホワイトボードの写真を同ツールに取り込める。

 無料で利用できるほか、1グループ5人で月額1500円から利用できる有償版も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042966


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ