co-meeting、リアルタイムコラボレーションツールをiPadに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


co-meeting、リアルタイムコラボレーションツールをiPadに対応


掲載日:2012/11/21


News

 株式会社co-meetingは、チームの様々な情報を共有できるリアルタイムコラボレーションツール「co-meeting」を、iPadのブラウザに正式対応させた。

 今回iPadに対応したことで、外出先や移動中など、PCの利用が難しい状況でも同ツールを利用できるようになった。

 PCに比べ狭いiPadの画面サイズに合わせてミーティングリストを開閉できる。ディスカッションやノートを開いている時にもミーティングの未読バッジは見えるため、新着の見逃しを防げる。また、iPadを縦向きにした場合は、ノートが右に隠れ、更に小さな画面でもスムーズに使える。スワイプすると隠れたノートを引き出せる。

 グループ選択メニューやメッセージの編集ボタンが指で押しやすいサイズに変更されている。また、ブラウザから“ファイル選択”でカメラを起動できるiOS 6の標準機能を利用して、iPadで撮影した写真を直接同ツールに貼り付けられる。ホワイトボードを使った会議でも、簡単にホワイトボードの写真を同ツールに取り込める。

 無料で利用できるほか、1グループ5人で月額1500円から利用できる有償版も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築 【イージフ】 新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「Office 365」で何が変わる?クラウド化したアプリのメリット ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 Webシステムを構築するための「オープンソースのポータル」、その正体と実力 ユーザー数344万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042966


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ