アスク、TI製プロセッサ搭載のシンクライアント端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アスク、TI製プロセッサ搭載のシンクライアント端末を発売


掲載日:2012/11/21


News

 株式会社アスク・エンタープライズ営業部は、米 Leadtek社製のシンクライアント「TC200」シリーズを、12月(予定)より発売する。

 「TC200」シリーズは、ブックサイズでコンパクトなシンクライアント端末。Citrix、Microsoft RemoteFX、VMwareから仮想デスクトップシステムとともに使用できる。

 米テキサス・インスツルメンツ社のTI DM8148 1.0GHz(SoC)をベースとして、1GB DDR3メモリ、2GBフラッシュメモリを搭載し、デュアルディスプレイ機能を搭載している。文書処理、マルチメディア、Flashビデオ再生などにおいてデスクトップPCと遜色ない性能を備えている。

 標準的なIPネットワーク上のリモートサーバで動作している仮想コンピュータにアクセスして、高品質なユーザ・エクスペリエンスを提供する。また、すべての処理が中央サーバで行なわれるため、優れたパフォーマンスとデータの機密保護が提供される。ユーザのTCOは、最小限のIT維持費用とサポート要件が主となり、TCOの削減を図れる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042958



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ