採用:コネクトワン、remote accessにCloud Antivirus SDKを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:コネクトワン、remote accessにCloud Antivirus SDKを採用


掲載日:2012/11/20


News

 株式会社セキュアブレインは、株式会社コネクトワンが「アンドロイド版ConnectONE Browser」のセキュリティ機能強化として、セキュアブレインの「Cloud Antivirus SDK」(開発キット)を採用し、製品にマルウェア検疫機能を実装したことを発表した。

 「ConnectONE Browser」は、MDMが導入できない個人所有の端末からでも安全なリモートアクセスを可能にするサービス「ConnectONE Cloud Pack」専用のアプリ。“ID/パスワード”“端末ID”という従来の2要素認証に加えて、端末のセキュリティ設定の状態“セキュリティ・ステイタス”を3番目の認証要素とした“3要素認証”を採用。マルウェアの感染やジェイルブレイク、不正改造など、端末からの情報漏洩が発生するリスクを認証時に検疫し、問題を発見した際に「ConnectONE Browser」の起動を停止し、接続をブロックする。

 「Cloud Antivirus SDK」は、セキュリティ専門メーカーとして培った技術をSDK化した製品。マルウェア情報や解析エンジンは、セキュアブレインが運用するクラウドにあり、スキャンもクラウドで行なうため定期的なスキャンや手動スキャンは不要な設計になっている。クラウドを活用することで、端末の余計なバッテリー消費をなくし、通信量も最小限に抑えることができる。アプリ開発企業は、自社で定義ファイルをメンテナンスする必要がなく、マルウェア対策に関するノウハウがなくてもマルウェア対策機能を短期間でアプリに実装することが可能となる。
 
 コネクトワンは、未知の不正なアプリが検知可能な“ヒューリスティック検知機能”と、インストールされたアプリが後に不正なアプリと判断した場合に、さかのぼって検知する“さかのぼり検知機能”を評価し、「アンドロイド版ConnectONE Browser」のマルウェア検疫機能として、セキュアブレインの「Cloud Antivirus SDK」を採用したとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
検疫
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042940


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ