NTTデータ経営研究所、企業のソーシャルメディア活用状況を調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ経営研究所、企業のソーシャルメディア活用状況を調査


掲載日:2012/11/20


News

 株式会社NTTデータ経営研究所は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供する「gooリサーチ」登録モニターを対象に、“企業活動におけるソーシャルメディアの活用状況”に関する調査を実施した。主な調査結果は以下の通りである。

 ソーシャルメディアの導入状況については、“ソーシャルメディア導入済みの企業が全体の約2割”であり、“販売チャネルとの関係では、バーチャルなWebサイト(ECサイト)との親和性が高い(導入済み企業の36%)ことはもちろんのこと、リアルの実店舗を保有する企業でもソーシャルメディア活用も進んでいる(代理店など含む他社店舗:約33%、自社店舗:約29%)”としている。また、“顧客チャネル(コミュニケーションチャネル)との関係では、双方向性のある“自社ブログ”の機能拡張として活用するケース(約7割、導入して1年未満含む)”などが多いと伝えている。“導入目的は、“売上拡大(販売促進)”12.9%が最も多く”なっている。

 “ソーシャルメディア導入が“成功した(成果が得られた)”と捉えている企業は全体の3割強であり、残りの6割強は“失敗した(成果が出ていない)”と捉えている”。“ソーシャルメディア導入の成功要因で一番多かった回答は、“導入のタイミングが良かったから”35.5%”であった。“ソーシャルメディア導入の失敗要因で一番多かった回答は、“ソーシャルメディアの特性を十分理解できず、適切な戦略を立案できなかった”という点(失敗企業の3割)であった”。“ソーシャルメディア導入の成功企業は、“顧客データ連携システム(ソーシャルCRM)の構築”(87%)、“複数組織による緊密な連携・共同運用”(85%)など各項目への回答割合が失敗企業に比べ高いことが分かった”。“一方、ソーシャルメディア導入の失敗企業は、“顧客データ連携システム(ソーシャルCRM)の構築”(58%)など各項目への回答割合が成功企業に比べ低いことが分かった”と伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く 【東日本電信電話】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
開発環境/BaaS 検疫 バックアップツール SFA クラスタリング
今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042913



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ