PBC、Microsoft Dynamics NAV 2013の日本版・中国版・香港版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PBC、Microsoft Dynamics NAV 2013の日本版・中国版・香港版発売


掲載日:2012/11/20


News

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向けERPパッケージの新版「Microsoft Dynamics NAV 2013」の日本版・中国版・香港版を2013年3月下旬(予定)に発売する。

 今回発売される製品では、PBCが「Dynamics NAV 2013」に日本・中国・香港の各商習慣に合わせた機能を追加し、各国の言語で提供する。「Dynamics NAV 2013」では、プラットフォームや機能面で、大きな改善が行なわれている。データへのアクセス手段に、新たにWebクライアントとSharePointクライアントが導入され、Webクライアントを利用することで、インターネット・ブラウザ経由でDynamics NAVのデータにアクセスでき、SharePointサイトを構築することもできる。

 レコードのバックグラウンド転記機能が追加されたほか、分析コードのレコード保持設計が改善され、システムのパフォーマンスも向上した。また、Windows Azure上で動作し、マイクロソフトが提供するクラウドサービスも利用できる予定。

 ユーザの利便性を向上する各種機能も拡張・強化された。原価管理機能やキャッシュフロー予測機能が追加されたほか、商品在庫状況のビジュアル化、レポーティング機能やグラフ化機能の拡張などが行なわれた。ユーザインターフェースが、よりOffice製品に近づき、リボンデザインが採用され、ユーザの操作性向上が図られている。また、ExcelやLyncを含むOffice 365シリーズ、OneNote、Dynamics CRMなど、他のマイクロソフト製品との連携も強化された。

 PBCでは、セキュリティ・ワークフロー・IFRS対応機能と、日本・中国・香港各国の商習慣に対応した機能を追加した上、ユーザビリティ向上を図るための各種機能を追加開発し、オプション機能として個々の業種・業態に求められる機能を用意している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 クラウド型 物販・専門店向け総合システム 【E-Mart LINK】 【東計電算】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP ERP ERP
マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 物販・専門店向け業務に特化したクラウド型ERPシステム。 輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042899


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ