PBC、Microsoft Dynamics NAV 2013の日本版・中国版・香港版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PBC、Microsoft Dynamics NAV 2013の日本版・中国版・香港版発売


掲載日:2012/11/20


News

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向けERPパッケージの新版「Microsoft Dynamics NAV 2013」の日本版・中国版・香港版を2013年3月下旬(予定)に発売する。

 今回発売される製品では、PBCが「Dynamics NAV 2013」に日本・中国・香港の各商習慣に合わせた機能を追加し、各国の言語で提供する。「Dynamics NAV 2013」では、プラットフォームや機能面で、大きな改善が行なわれている。データへのアクセス手段に、新たにWebクライアントとSharePointクライアントが導入され、Webクライアントを利用することで、インターネット・ブラウザ経由でDynamics NAVのデータにアクセスでき、SharePointサイトを構築することもできる。

 レコードのバックグラウンド転記機能が追加されたほか、分析コードのレコード保持設計が改善され、システムのパフォーマンスも向上した。また、Windows Azure上で動作し、マイクロソフトが提供するクラウドサービスも利用できる予定。

 ユーザの利便性を向上する各種機能も拡張・強化された。原価管理機能やキャッシュフロー予測機能が追加されたほか、商品在庫状況のビジュアル化、レポーティング機能やグラフ化機能の拡張などが行なわれた。ユーザインターフェースが、よりOffice製品に近づき、リボンデザインが採用され、ユーザの操作性向上が図られている。また、ExcelやLyncを含むOffice 365シリーズ、OneNote、Dynamics CRMなど、他のマイクロソフト製品との連携も強化された。

 PBCでは、セキュリティ・ワークフロー・IFRS対応機能と、日本・中国・香港各国の商習慣に対応した機能を追加した上、ユーザビリティ向上を図るための各種機能を追加開発し、オプション機能として個々の業種・業態に求められる機能を用意している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 連結原価やプロセス製造にも対応、ERPを超える原価管理の実践法 【電通国際情報サービス】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 丸1日かかっていた原価計算が2時間に 原価管理パッケージの実力 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 製造業に今、「情報管理プラットフォーム」が必要な理由

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042899


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ