KDDI、緊急速報メールとエリア放送の連携に関する実証実験を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、緊急速報メールとエリア放送の連携に関する実証実験を実施


掲載日:2012/11/19


News

 KDDI株式会社は、総務省が11月16日に宮城県石巻市で実施する“耐災害性の強い放送系技術を用いた防災システムの研究開発”の実証実験に協力すると発表した。

 2011年に発生した東日本大震災の経験から、災害時の情報伝達において防災行政無線による避難警報の内容が聞こえづらいといったことが課題となっているとし、KDDIはこうした課題への対応として、総務省をはじめ国内通信事業者と連携して、携帯電話向けに、自治体が住民向けに配信した災害・避難情報を届ける「緊急速報メール」を1月31日より提供している。

 KDDIは今回、マスプロ電工株式会社と協力し、緊急速報メールとエリア放送 (エリアワンセグ) との連携に関する実証実験を実施するとしている。なお、緊急速報メールの配信自治体契約数は10月9日に1000契約を突破しており、災害時における通信インフラとしての普及が進んでいると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042872



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ