富士通など、API拡充などでクラウド型基幹系業務アプリを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、API拡充などでクラウド型基幹系業務アプリを強化


掲載日:2012/11/16


News

 富士通株式会社と米国グロービア インターナショナル インコーポレイテッド(GII)は、基幹系業務アプリケーション「glovia OM」で、既存機能の強化に加え、小売・卸売業向けの機能を追加した新バージョンを発売した。

 「glovia OM」は、米国セールスフォース・ドットコムのクラウド型プラットフォーム「Force.com」上で基幹系業務機能を提供し、販売から出荷、請求、返品、在庫、購買まで一連の情報管理を行なえる。今回の新バージョンでは、外部の業務システムとの連携機能が強化されたほか、キャンペーン価格や配送費の設定といった小売・卸売業向けの機能が追加された。業務要件に合わせた柔軟なカスタマイズを早期に行なえるほか、製造業のユーザに加え、小売・卸売業のユーザにも有用な新機能が追加されたことで、様々な用途に応じたシステム構築をクラウド上で行なえる。

 経営情報をタイムリーに把握できるほか、取引先とのコラボレーション機能や顧客管理機能を備え、柔軟なカスタマイズで利便性の向上を図れる。APIが拡充されていて、見積登録・受注登録・在庫登録などを外部システムから制御できる従来のAPIに加え、在庫予約・在庫移動・在庫調整・梱包指示・出荷指示など、より細かな制御を行なえるAPIが提供され、外部システム連携機能の開発工数を3分の1に削減できる。

 小売・卸売業向けの機能が追加されていて、取引数量に応じた段階的な価格や、期間限定のキャンペーン価格を設定できるほか、出荷先の地域や利用する運送会社を登録でき、出荷先・取引先に応じた配送費を設定できる。商品属性の管理機能が追加され、商品属性として、サイズ・色を管理でき、サイズ・色の組合せパターンで商品登録と商品検索を行なえる。また、商品のカスタマイズ機能が追加され、商品へのロゴプリントやネームプリントといった、商品のカスタマイズサービスを管理できる。

 価格は、1ユーザあたり月額7500円。


出荷日・発売日 2012年11月15日 発売
価格 1ユーザあたり月額7500円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営 【ネットスイート】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 ERPに隠された「3つのコスト」を削減、投資対効果を高めるハイブリッドEPR 【SCSK】 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
グループ全体のプロジェクトを見える化 クラウド型ERP導入効果 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
ERPに隠された「3つのコスト」を削減、投資対効果を高めるハイブリッドEPR 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042842


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ