エフセキュア、2012年第三四半期のモバイル脅威レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、2012年第三四半期のモバイル脅威レポートを発表


掲載日:2012/11/15


News

 フィンランド エフセキュア・コーポレーションは、2012年第三四半期におけるモバイルの脅威を分析したレポート“Mobile Threat Report Q3 2012“を発表し、モバイル環境における攻撃対象の中心はAndroidだが、Symbianを対象とするマルウェアも続いていることを報告した。

 同社は、2012年第3四半期には5万1000件を超えるAndroidマルウェアのユニークサンプルが検出されたとし、これは第2四半期の10倍以上にもなるとしている。エフセキュア セキュリティ研究所は、このうち42種の新しいマルウェアファミリーおよび既存の新たな亜種を特定した。サンプル数の増加は、Googleが2012年初めにGoogle Playアプリケーションをスキャンしてマルウェアを検出するシステムBouncerを導入した後も続いている。同研究所は、増加の原因がAndroidスマートフォンの販売台数が継続して大きく伸びたことの必然の結果と見ている。今期に特定されたAndroidに対する新しい脅威の多くは、SMS送信行為または感染したデバイスの情報を搾取することによって利益を生み出すことを目的に設計されていて、Androidマルウェアはモバイルマルウェア全体の66%を占めているとしている。

 第3四半期には、21種の新しいSymbianマルウェアファミリー及び既存のファミリーの亜種が検出されており、第2四半期に比べて17%増加している。Symbianデバイスのグローバル市場におけるシェアは4.4%にすぎないが、Symbianマルウェアはモバイルマルウェア全体の約30%を占めていると伝えている。Symbianに対する脅威のほとんどは、金銭的な利益を目的に中国で作成されており、Androidマルウェアと同様にSMSの送信行為に関わるものとしている。同研究所は、特に開発途上国において、従来のSymbianベースのハンドセットを今も使用しているユーザが多いことから、Symbianマルウェアの活動は今後もしばらく続くものと見込んでいる。

 トロイの木馬は、第3四半期における脅威の70%以上を占めており、いまだマルウェアの主流だとしている。リスクウェアが7.5%、続いてモニタリングツールが6%、Trojan Spyが4.5%、アドウェア、スパイウェア、ハッキングツール、Trojan-Downloaderがそれぞれ3%以下となっていると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 クラウドERP「freee」 【freee】 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” 【NTTテクノクロス】 ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 勤務先のクライアント端末に関するアンケート 【デル株式会社】
フィルタリング ERP ID管理 プロジェクト管理 デスクトップパソコン
AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 クライアント端末に関するアンケート◆2-in-1ノートとギフト券が抽選で当たる
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042798



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ