エクセルソフト、MPIや性能解析ツール等を含む統合開発製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、MPIや性能解析ツール等を含む統合開発製品出荷


掲載日:2012/11/14


News

 エクセルソフト株式会社は、12万プロセスまでスケール可能なMPIライブラリや、MPIアプリケーションのパフォーマンス解析ツールなどを含む「インテルCluster Studio XE 2013」と「インテルCluster Studio 2013」の出荷を11月15日(予定)に開始する。

 いずれも、高速なMPIアプリケーション開発を支援する総合開発製品で、Xeon Phiコプロセッサ(Linux版)、Haswell、Ivy BridgeやMicrosoft Visual Studio 2012(Windows版)をサポートする。更に、「インテルCluster Studio XE 2013」には、1ノードに特化した性能解析を行なうツールやエラー検出ツールなどが含まれる。

 プロセッサの性能を最大限に引き出せるように、最適化/高速化されたバイナリを生成するインテルC++/FortranコンパイラーXE 13.0を備えた「インテルC++ Composer XE 2013」「インテルFortran Composer XE 2013」や、MPI-2.2標準規格に対応し、複数のファブリックに対応するライブラリ「インテルMPIライブラリー4.1」を使用できるほか、「インテルCluster Studio XE」では、クリック操作でパフォーマンス問題の原因を特定できるマルチスレッド対応分析ツール「インテルVTune Amplifier XE 2013」や、マルチスレッド・エラー/メモリエラー検出ツール「インテルInspector XE 2013」、マルチスレッド化の候補を見つけ出し、効果予測や問題の診断を行なえる並列化と高速化のアドバイスツール「インテルAdvisor XE 2013」を使用できる。

 また、BLAS、LAPACK、ScaLAPACK、スパースソルバー、高速フーリエ変換、ベクトル・マス・ライブラリなどを含む数値演算ライブラリ「インテルMKL 11.0」や、データ圧縮が向上し、コーデック、インテルAVX/インテルAVX2/AES(Advanced Encryption Standard)命令のサポートを含む、動画や画像処理、信号処理、暗号化などのライブラリ「インテルIPP 7.1」、スレッドをタスクに抽象化し、スレッド化を簡素化するC++テンプレート・ライブラリー「インテルTBB 4.1」、MPI通信に関するパフォーマンスのボトルネックを素早く発見する「インテルTrace Analyzer/Collector 8.1」も使用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042783


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ