ゾーホージャパン、クラウド型顧客管理をTwitterと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、クラウド型顧客管理をTwitterと連携


掲載日:2012/11/14


News

 ゾーホージャパン株式会社は、クラウド型顧客管理サービス「Zoho CRM」の新機能“Twitter連携”を発表した。全プランで既に利用可能で、同機能は無料で利用できる。

 今回の新機能では、「Zoho CRM」に登録した顧客データとともに、顧客が投稿したツイートなどを閲覧できる。また、自分のTwitterアカウントと「Zoho CRM」アカウントを連携でき、連携後は自分のTwitterユーザ名で顧客へのリツイートや@返信を行なえる。

 “見込み客/連絡先”タブの詳細画面で顧客データと顧客のTwitterアカウントを関連付けることで、「Zoho CRM」の画面上で、顧客のTwitterプロフィールを閲覧したり、顧客のフォロー数/フォロワー数を確認できるほか、顧客に対してフォロー/フォロー解除や返信/リツイート/@返信を実行したり、顧客のツイートを“お気に入り”に登録できる。顧客データと関連付けるTwitterアカウントは、顧客名やユーザ名で検索できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「ゾーホージャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは? 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042779


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ