シュナイダーエレクトリック、250/500kWのモジュール型UPS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シュナイダーエレクトリック、250/500kWのモジュール型UPS発売


掲載日:2012/11/13


News

 シュナイダーエレクトリック株式会社は、モジュール型UPS「Symmetra PX」シリーズで最大容量の「Symmetra PX 250/500kW」を12月25日に発売する。

 「Symmetra PX 250/500kW」は、低コストで高い効率性と管理性を提供する総合的なソリューションの核として発売される。25kW単位で拡張できる高効率のパワーモジュールと、ホットスワップで拡張できる長寿命のバッテリモジュール、10インチのLCDタッチパネルディスプレイ、側面に配置された分電機能とUPSを分離する保守バイパスなどで構成される。

 IT機器と同列に配置でき、データセンタのレイアウトに合わせて柔軟に対応する上、4台(最大2MW、N+1冗長で1.5MW)までの並列運転を行なえ、需要の増加に応じて適切なサイズの電力と実行時間を提供する。また、データセンタ向け統合マネジメントソフトウェア「StruxureWare Data Center」を通して管理され、ビルトインマネジメントを通じてデータセンタを統合管理できる。

 25kW単位のパワーモジュールで構成され、柔軟性に加え、N+xの冗長構成を提供する。標準化されたバッテリモジュールでTCO(総保有コスト)を削減できるほか、ランタイム(停電補償時間)に合わせ、8台までバッテリフレームを拡張できる。可用性向上を図るため、2系統の電源入力に対応するほか、LCDを利用したユーザフレンドリーな管理画面が提供される。また、全体を管理するインテリジェンスモジュールも、2重化が図られている。

 分電機能とUPSを分離する保守バイパス機能が省スペース設計で提供される。ビルトインされ、ホットスワップ可能なSSW(スタティックスイッチ)は、過負荷や障害条件に基づいて無瞬断で商用運転に切り換わる。また、省スペースで、柔軟なUPSレイアウト設計を行なえる。


出荷日・発売日 2012年12月25日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042714


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ