GSX、セキュリティ意識向上を図れる、標的型メール訓練を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GSX、セキュリティ意識向上を図れる、標的型メール訓練を提供


掲載日:2012/11/09


News

 グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は、社員のセキュリティ意識を向上し、1人ひとりの判断力の底上げを図る「標的型メール訓練サービス」の提供を開始した。

 「標的型メール訓練サービス」では、ついうっかりクリックしてしまう人間の行動を自身の意思で制御するために、セキュリティ教育・研修の一環として教育訓練を行ない、セキュリティリスクの軽減を図る。

 セキュリティ教育・研修の一環として、標的型攻撃メールを模擬した無害のメールを一般社員に送信する。添付ファイルやURLリンクを開いた社員は、攻撃メールの危険性や具体的な注意点を教える教育コンテンツ(Webページ)に誘導され、適切なセキュリティ教育が行なわれる。その結果、実際に標的型メール攻撃にあった際のリスクの低減を図れる。

 社員ごと(アドレスごと)に、訓練メールを誤って開いたかどうかの結果と、その日時が報告され、誤って開いた社員を個別に特定できる。訓練メールの内容や教育コンテンツの内容など、実施内容は柔軟にカスタマイズに対応する。また、GSX側で訓練メール送信サーバや教育コンテンツ(Webページ)が準備されるため、ユーザ側での準備工数や手間を抑えられ、素早く訓練を行なえる。従業員規模が大きいほど1人当たりのメール訓練の実施単価は廉価になる。標的型メール訓練に長けたエキスパートが、実施内容全般のコンサルテーションや各種雛形を提供する。

 実施結果・効果をそれぞれクリック率で可視化でき、特に訓練を複数実施した場合、それぞれの結果を比較して、その差異を効果として可視化できる。

 価格は150万円からで、対象規模と実施内容に応じた個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042660


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ