NEC、顔認証などを用いたビッグデータ分析クラウド3種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、顔認証などを用いたビッグデータ分析クラウド3種を発売


掲載日:2012/11/08


News

 日本電気株式会社(NEC)は、企業がビッグデータ分析の試行や本格利用を迅速/低コストで開始できるクラウドサービスの第1弾として、「顔認証技術活用マーケティングサービス」の提供を開始したほか、「不審者監視セキュリティサービス」を2013年1月末に、「テレマティクスサービス」を2013年3月末に開始する。

 「顔認証技術活用マーケティングサービス」では、画像の中から自動的に人の顔を検出し、高精度に同一人物を特定する顔照合技術を活用する。店舗などに設置するカメラに映った人物の年齢/性別を推定し、来店日時とあわせて継続的に蓄積することで、来店者の年齢/性別/リピート数などの軸で傾向を分析できる。

 「不審者監視セキュリティサービス」では、顔認証技術を活用し、カメラ映像からリアルタイムに人物を検出して、自動的に特徴をDBに登録でき、不審者を検索できる。不審者が特定エリアに入った時から監視を開始でき、事案発生の前に検知/事前警告などに基づく防犯措置が可能になる。また、過去の映像/画像ファイルから不審者の絞り込みや分析/検索も行なえる。

 「テレマティクスサービス」では、NECの行動分析エンジンを活用したオートモーティブサービスを提供する。蓄積されたプローブデータからユーザごとの行動パターンを分析し、時刻/ユーザ位置などを組み合わせてユーザの行動を予測できる。ユーザの“今の動態”を可視化し、クルマからの生データを用いた情報配信や、安全運転度/エコドライブ度合いを判定するサービスなどが提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

YARNをコアとしたHadoopで小売事業者のビッグデータ分析を強化 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 ビッグデータ分析の基盤となるデータフロー管理を迅速化する方法 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】 金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
“YARN”でレベルアップしたApache Hadoop、実用事例を多数公開 Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 分析工数のほとんどを、データ形成に奪われている気がする…… 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介 他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042636


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ