チェック・ポイント、大規模向けセキュリティゲートウェイを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、大規模向けセキュリティゲートウェイを発表


掲載日:2012/11/08


News

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は、大規模企業やデータセンタ向けのセキュリティ・ゲートウェイ・アプライアンス「Check Point 21600アプライアンス」の受注を開始した。

 「Check Point 21600アプライアンス」は、ファイアウォール/VPN/IPS(侵入防御システム)/アプリケーションコントロール/モバイルアクセス/URLフィルタリング/アンチスパム/アンチウイルスなどの様々な組み合わせを単一の統合ゲートウェイに集約できる“Software Bladeアーキテクチャ”をベースにしていて、現在/将来の要件に合わせてプラットフォームを拡張できる。複数のSoftware Bladeを標準搭載していて、短時間で運用を開始できる。

 ポート数は最大37個で、セグメント数の多いネットワーク環境にも容易に対応できる。また、オプションの「Security Acceleration Module」を追加することで、遅延を5マイクロ秒以下に抑え、ファイアウォール・スループットを110Gbpsに向上できる。高いパフォーマンスが求められるトランザクション中心型の環境に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策 【フォーティネットジャパン】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント 【フォーティネットジャパン】 「セキュリティ対策」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】
UTM UTM UTM UTM UTM
徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント 抽選で20名様に5000円分商品券★「セキュリティ対策」に関するアンケート ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042631


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ