日本IBM、東芝とAndroidタブレット用の情報保護機能を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、東芝とAndroidタブレット用の情報保護機能を開発


掲載日:2012/11/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)と株式会社東芝は、東芝の企業向けAndroid搭載タブレット用に、不正アプリケーションの導入を防止する機能と、タブレット内の情報を保護する機能を開発したと発表した。

 Android搭載端末では、ウィルス対策ソフトウェアなどを含むすべてのアプリケーションがユーザ権限で動作するため、導入されているすべてのアプリケーションを検知できても、それらの起動の禁止や除去はきわめて困難だという。今回、開発した機能は、東芝のシステムセキュリティ技術により機能拡張したAndroidプラットフォームと、IBMの端末管理ソフトウェアを連動させることで、企業内のAndroid端末を一元管理し、個々の端末に対して、企業が許可しないアプリケーションの導入や起動の禁止、消去を実行できるようにした。これにより、不正アプリケーションの導入や起動を防ぎ、端末からの情報漏洩リスクを低減するとしている。

 更に、SDカード、USB及びBluetoothの利用を制御し、アプリケーション開発用の通信機能も無効にする機能を開発し、外部端末からのプログラムの書き換えを防止することで、タブレット内の情報の保護が可能となる。

 今後、同技術による成果をユーザに製品機能として提供することを検討し、モバイルノートPCだけでなく、タブレットにも高度なセキュリティ機能を搭載することで、ビジネスにおける端末選択の多様化を支援していく。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 【株式会社ラック】 McAfee Advanced Threat Defense 【マカフィー】
リモートアクセス IT資産管理 データセンター運用 WAF 検疫
3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 え…セキュリティが台無し?原因はIT資産台帳の精度――改善策は? ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042624



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ