IBM、産業共同研究のSmarter Energy Research Instituteを設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBM、産業共同研究のSmarter Energy Research Instituteを設立


掲載日:2012/11/07


News

 米IBMは、グローバルのエネルギーや電力事業の市場におけるイノベーションの加速を目的とした新たな産業共同研究モデルである“Smarter Energy Research Institute”の設立を発表した。カナダHydro-Quebec、オランダAlliander、米DTE Energyが最初のメンバーとして参加する。

 IBMは、“Smarter Energy Research Institute”を企業の研究部門とエネルギー・ユーティリティー産業の新しいかたちのコラボレーションの取り組みとしている。予測分析/システムの最適化/先進コンピューティングなどを活用し、エネルギー企業の変革を支援する。IBMリサーチの持つ数理科学やコンピューター・サイエンス、そしてハイ・パフォーマンス・コンピューティングの分野における専門知識と、参画企業の有する電力エンジニアリングと運用ノウハウを持ち寄り、共同の投資、知識や能力がすべての参画企業のメリットとなるような共同研究を目指す。

 焦点は、合計停電時間の短縮のための“計画停電の最適化”、アセットの定期保全にかかる資本ならびに費用配分の改善のための“アセット管理の最適化”、再生可能エネルギーの統合と分散型エネルギー資源に関わる規制目標を達成するとともに、システムの安定性を確保するための“再生可能エネルギーと分散型エネルギー資源(DER)の統合”、回復力や信頼性、そしてエネルギーの品質を向上するために、リアルタイムで送電網における異常を検知するための“広域状況把握”、参加型モデルを利用して消費者との関係を変革するための“参加型ネットワーク”という、核となる5つのイノベーション項目であるとしている。各企業はビジネスと経営上の優先事項に合う最大2つの項目において積極的に活動していく。

 “Smarter Energy Research Institute”は、各社のスマートグリッドの運営や発展における広範な知識や専門性を活用し、イノベーションを市場に浸透させるエネルギー産業やユーティリティー産業に関する深い知識と高度な工業研究を持ち寄り、協力していくとしている。



「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方 【日本ヒューレット・パッカード】 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 【サンブリッジ】 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 【サンブリッジ】 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方 【サンブリッジ】
データセンター運用 垂直統合型システム SFA SFA ファイル共有
IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042578



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ