CTC、IaaS型クラウドサービスにオートスケール機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、IaaS型クラウドサービスにオートスケール機能を追加


掲載日:2012/11/06


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、IaaS型クラウドサービス「TechnoCUVIC」に、負荷状況に応じて自動的に仮想サーバを増減するオートスケールオプションを追加した。

 「TechnoCUVIC」では、サーバ/ネットワーク/ストレージなどのITインフラを月額課金で利用できる。

 今回追加されたオートスケールオプションでは、ユーザが利用しているシステムの負荷状況に応じて仮想サーバを自動的に増減できるため、システムの負荷を気にせずにクラウドサービスを利用できる。特に、キャンペーンサイトやECサイトを運営するユーザは、急激なアクセスの増減に対応したシステムを月額で利用できる。

 VMware社の仮想化ソフト「vSphere」のアラーム機能を使用してシステム負荷状況を検知し、あらかじめ設定している閾値に応じて、仮想サーバと負荷分散装置の設定を自動で行なう。サーバと負荷分散装置の自動設定には、それぞれ、「VMware vSphere」のAPIとF5 Networks社の負荷分散装置「BIG-IP LTM」のAPIを利用している。

 オートスケール用の仮想サーバは2台からの提供で、価格は初期費用が3万円、月額固定8000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期費用:3万円、月額固定8000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 【F5ネットワークスジャパン】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由 【日本アイ・ビー・エム】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 要チェック!差別化が進むパブリッククラウドサービス最先端 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042548


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ