日立電線、ヴイエムウェアとAPRESIA事業でVXLANに関して共同検証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立電線、ヴイエムウェアとAPRESIA事業でVXLANに関して共同検証


掲載日:2012/11/06


News

 日立電線株式会社は、ヴイエムウェア株式会社と「APRESIA」事業において、共同でネットワーク仮想化技術“VXLAN”に関する検証を行なったと発表した。
 
 ヴイエムウェアのクラウドインフラソリューション「VMware vCloud Suite 5.1」では、ネットワーク仮想化技術である“VXLAN”機能が搭載された。これにより、仮想化された仮想サーバを別の物理サーバに移行する際などにネットワークの設定変更が必要となり、サーバ管理者とネットワーク管理者の事前調整や複雑な設定、更に設定変更にともなう確認作業が必要であることなどサーバ仮想化技術の利用における課題解決を図っている。

 今回、日立電線はヴイエムウェアから協力を得て、日立電線のイーサネットファブリック技術で、Apresia15000シリーズ上で動作する“BFS”(BoxCore Fabric Sysem)に“VXLAN”最適化技術を試作実装し、ヴイエムウェアと共同検証を行なった。そして“BFS”に搭載した“VXLAN”最適化技術により、仮想サーバ移動にともなう物理ネットワークの設定変更を不要にできるとともに、ネットワーク帯域を有効に活用できることを確認した。これにより大規模なマルチテナントクラウドなどの環境で運用の大幅な省力化や省電力化が可能になるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

メールが確実に届く「4つのノウハウ」、一斉配信の運用負荷を軽減する秘訣 【ユミルリンク】 コンタクトセンターの有人チャット応対を6割削減、AIでFAQ利用を活発化 【NTTコミュニケーションズ】 機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント? 【デル株式会社】 これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由 【デル株式会社】 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
電子メール コールセンター/CTI ブレードサーバ サーバー管理 PCサーバ
メールが確実に届く「4つのノウハウ」、一斉配信の運用負荷を軽減する秘訣 コンタクトセンターの有人チャット応対を6割削減、AIでFAQ利用を活発化 機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント? これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042537



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ