SDL、Forrester Consultingに委託の調査レポートをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SDL、Forrester Consultingに委託の調査レポートをリリース


掲載日:2012/11/06


News

 SDLは、Forrester Consultingに委託した調査レポートを発表した。
 
 同レポートでは、業務プロセスにローカリゼーションを適用、実践することが課題であるとしており、企業がグローバル規模でカスタマーエクスペリエンスを管理する際の様々な課題を克服するためのヒントとして、6つのビジネス分野について紹介している。

 同調査で、グローバル市場で成功している企業は、地域に即したカスタマーエクスペリエンスを提供するためのフレームワークアプローチを採用していることが明らかになったとしている。このフレームワークは、顧客の理解、評価、ガバナンス、戦略、設計、文化という6つの重要なビジネス分野に基づいて設計され、“グローバルブランドを現地のカスタマーエクスペリエンス戦略に変換する ”“現地顧客に対する明確な理解を深める”“ローカル市場に合わせて設計する”“グローバルなガバナンス機能を備える”“グローバルとローカルのメトリックスを組み合わせて管理する”“グローバルな顧客中心文化を構築する”といった手法を実践していると伝えている。

 また、同レポートは企業がアプローチを見直すことの必要性を示し、大手企業が複数の市場への事業拡大を成功させるには、成果物によってではなく、プロセスの標準化によって、各地域のコミュニティに共感を与えるようなカスタマーエクスペリエンスを提供することを目指す必要があるとしている。

 経営陣がそれぞれの新しい市場においてカスタマーエクスペリエンスの質を高めることの必要性を理解しつつも、カスタマーエクスペリエンスは継続的な戦略というより一度限りのプロジェクトだと誤解しているとも指摘している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042536



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ