提携:マイクロソフト、NTTドコモとタブレット市場開拓で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:マイクロソフト、NTTドコモとタブレット市場開拓で協業


掲載日:2012/11/06


News

 日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)と株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、NTTドコモ)は、法人向けタブレット市場の開拓を共同で推進し、協業していくことに合意した。

 両社は、セキュリティ、プライバシー及び管理性など、法人利用に必要な機能を備えたマイクロソフトの「Windows 8」が搭載されたタブレットと、NTTドコモのLTEサービス「Xi」を連携させたソリューションの提供などにより、法人向けタブレット市場の開拓を推進する。

 今後両社は、法人顧客に対する共同営業や、共同プロモーションなどを実施し需要喚起するとともに、PCメーカーや、SI/NIerなどといったパートナー企業との連携をすすめ、法人市場におけるWindowsの資産と、NTTドコモのLTEサービス「Xi」を連携させ、回線、デバイス及びソリューションを一体的に提供するなど、顧客ニーズに応えるエコシステムモデルの推進にも努めるほか、デバイス及びクラウドサービスを含む幅広い分野でモバイルの可能性を追及するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を 【Sansan】 ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 【日本ヒューレット・パッカード】
暗号化 暗号化 CRM SFA 垂直統合型システム
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042533



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ