ACCS、マイクロソフトとサーバ運用会社が1億円で和解と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ACCS、マイクロソフトとサーバ運用会社が1億円で和解と発表


掲載日:2012/11/05


News

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会会員企業の日本マイクロソフト株式会社から、米マイクロソフトコーポレーションが著作権を持つDB管理ソフト「MS SQL Server」を、多数のコミュニティサイト運営事業者などから受託したサーバの管理運用を行なうため不正にインストール(不正コピー)していたサーバ運用会社との間で和解交渉を続けていたところ、和解金1億円を支払うことなどを内容とする和解が成立したとの報告があったと、発表した。

 外部から受託した業務を行なっていたサーバ運用会社の不正コピーについて、ACCS会員企業が証拠保全手続きを経て和解したのは今回が初めてで、この問題は、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられた情報にもとづき、会員企業が代理人弁護士を通じて対応したところ、発覚したとしている。

 ACCS不正コピー情報窓口には、業務利用を目的に行なわれている企業や団体など組織内部でのビジネスソフトなどの不正コピーのほか、インターネットなどでの海賊版流通や違法アップロード行為など、著作権侵害行為に関する情報が寄せられおり、これらの情報はACCSを通じて、それぞれ被害を受けていると思われる会員企業に報告されていると伝えている。

 なお、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられるなどした情報をもとに和解に至ったケースは、証拠保全手続きを経たものを含めて、1997年から約900件に及び、これまでの和解金総額は累計で約102億円になったと発表している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方 【日本ヒューレット・パッカード】 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 【サンブリッジ】 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 【サンブリッジ】 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方 【サンブリッジ】
データセンター運用 垂直統合型システム SFA SFA ファイル共有
IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042501



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ