SAPジャパン、パートナーがSAP認定モバイルアプリを提供と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、パートナーがSAP認定モバイルアプリを提供と発表


掲載日:2012/10/30


News

 SAPジャパン株式会社は、モバイル端末向けアプリケーション開発を支援/促進するパートナープログラム「SAP Mobile Apps Partner Program」を通じて、パートナー4社が開発した5製品のエンタープライズ・モバイル・アプリケーションが、SAP認定アプリケーションとして、「SAP Store」を通じて10月下旬から順次提供が開始されると発表した。

 株式会社CEGBの「EMPIREA モバイルフィールドサービス作業報告書」は、フィールドサービス業向けで、保守メンテナンス業務の報告書作成を行なえる。iPadを使用することで、SAP CRMの報告書のペーパーレス化、報告書作成業務の生産性向上/リアルタイム化を図れる。iPadのカメラ機能と連携し、電子サイン入力を行なえる。オプションでMetaMoji社の7Notes+WCと連携し、手書き入力も行なえる。

 株式会社クニエは、営業のリアルタイム化を図り、在庫ステータス・製品情報を参照するための「QUNIE SalesSupport」と、受注・出荷・請求・入金ステータスを追跡/チェックするための「QUNIE OrderChaser」を提供する。両アプリケーションを利用することで、オンライン/オフラインで情報を確認できるほか、プッシュ通知を利用して、注意すべき注文/伝票情報を即時に確認できる。また、使い勝手の良いUIを備え、正確で素早いアクションを行なえる。

 株式会社アイ・ピー・エスの「OneHand ERP 宗達」では、時間や場所を問わず受注や在庫、納期などのERPデータを素早く把握でき、オフィスの外にいても即座に顧客からの問い合わせ対応を行なえ、仕事の効率化を図れる。また、自分に関わる取引を1画面に一覧表示できるほか、伝票を一元的に複数の条件で検索できる。

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社の「Mobile for フィールドサービス」は、アフターサービスの機器メンテナンスでの現場担当者業務を支援するモバイルアプリケーション。フィールド業務担当者が、オフィスのマネージャと連携を取りながら、メンテナンス業務を迅速に行なえる。また、SAP CRMや、その他CRMシステムからの作業指示をiPadに取り込めるほか、作業時の様々な情報を表示できる。iPadに入力した作業実績をSAP CRMに即時連携できるほか、通信が途絶する(オフライン)現場でも、業務を遂行できる。各種関連処理への連携などもオプションで対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

グループ経営に効果的なERPパッケージ活用の最適解とは? 【SCSK】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 会計・人事労務を一気通貫で効率化 月に数十時間削減できるサービスとは 【freee】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】
ERP ERP ERP ERP ERP
グループ経営に効果的なERPパッケージ活用の最適解とは? 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 企業の根幹を支える会計・人事労務には、業務属人化や作業重複の手間やコストといった課題がつきまとう。解決の方法の1つは、複数回入力が前提の仕組みを変えることだ。 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042367


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ