NEC、グローバル企業の事業継続を支援するBC/DRサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、グローバル企業の事業継続を支援するBC/DRサービスを発売


掲載日:2012/10/30


News

 日本電気株式会社(NEC)は、グローバルに展開する企業の事業継続を支援する「グローバルBC/DRサービス」(BC:Business Continuity,DR:Disaster Recovery)を発売した。当初は、事業拠点/DRサイト拠点が日本/中国/シンガポールのいずれかに存在する企業へサービスを提供する。

 「グローバルBC/DRサービス」は、「グローバルBCM(Business Continuity Management)サービスと「グローバルDRサービス」で構成されている。

 「グローバルBCMサービス」は、企業の様々なシステムを含めたビジネス全体を継続するためのBCP(Business Continuity Plan)の策定(マニュアル作成)/定着化(訓練)/見直しを行なうなど、PDCAサイクルを回すためのコンサルティングを中心にしたサービス。米国COOPsystem社のBCMツール「myCOOP」をクラウドサービスで提供する。金融/製造/流通業向けを中心にした様々なテンプレートが用意されていて、BCPに関する情報共有や議論をグローバルで効率的に実施できる。また、関係者のタスクを整理/共有するなど、BCPを統合管理できる。PCに加えスマートフォンからも利用できる。更に、BCMの国際規格ISO22301に対応し、グローバルを視野に入れたBCMの展開を約半年で行なえる。

 「グローバルDRサービス」では、復旧優先度の高い業務システムに対し、バックアップの方式やネットワーク環境、仮想化の必要性などを総合的に評価し、コストを考慮した適切なDRシステムの提案/構築/運用を実施する。企業の投資規模などに応じて、まずデータの遠隔地保管から始め、次にデータセンタに預かりシステム環境を堅牢化し、更にバックアップサイトを準備するなど、段階的なDRシステムの強化も可能。また、企業のデータ/アプリケーションやログなど日々の管理情報を同社のデータセンタ内にバックアップでき、正常に運用されているかを常に監視できる「DR運用サービス」も用意されている。万一の場合に備えたシステムの切替訓練支援サービスも提供され、訓練の結果に応じて、システムや運用の問題点を見直し、改善を図れる。

 両サービスを連携させることで、ビジネス視点でシステムの復旧優先度を明確化し、かつ適切なサービスレベルを設定することで、コストを考慮した適切なDRシステムのあり方を可視化しながら構築し、運用できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドバックアップサービス 【NEC】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042363


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ