F5、ネットワーク仮想化環境向けSDNゲートウェイ製品を提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、ネットワーク仮想化環境向けSDNゲートウェイ製品を提供


掲載日:2012/10/30


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は、「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V向けネットワーク仮想化ソリューション」の提供を2013年第1四半期(1〜3月)に開始(予定)する。

 今回提供されるソリューションでは、Windows Server 2012 Hyper-Vで稼働するクラウドベースのデータセンタでも、BIG-IPプラットフォームを利用した拡張性/安全性/管理性に優れたアプリケーション・デリバリ・ネットワークを構築できる。F5のBIG-IP Local Traffic Manager(LTM)Virtual Edition(VE:仮想版)をWindows Server 2012 Hyper-V上で稼働させられるため、ローカル/グローバル データセンタの広域負荷分散、アドバンスト・トラフィック・ステアリング、アクセス・コントロール、アプリケーションのセキュリティや高速化など、BIG-IPがアプリケーション向けに提供する機能を、マイクロソフト・ソリューションで構築するクラウド/仮想ネットワーク環境でも利用できる。

 SDN(Software-Defined Network)ゲートウェイを利用することで、柔軟性/運用効率の向上とコスト削減を図れる。今後提供される予定のマイクロソフト社の管理製品Microsoft System Center 2012へのプラグインと、Hyper-V拡張スイッチ向けエージェントソフトウェアが、オーバーレイ型仮想化技術NVGREで実現するネットワーク仮想化環境と連動して動作し、BIG-IP LTM VEを含めたネットワーク仮想化環境を集中して管理/設定できるため、ソフトウェアを利用した効率的なネットワーク管理を行なえる。また、ハイブリッド・クラウド環境の構築や移行時に、物理ネットワークで使用していたポリシーやIPアドレスをそのまま利用できるため、容易で柔軟な移行とコストの削減を図れるほか、ADN(Application Delivery Networking)サービスの簡素化を図れる。

 SDNアーキテクチャをレイヤ4-7まで補完/強化できるほか、クラウド環境へのシームレスな移行を図れる。

 VMの移動に合わせて、BIG-IPプラットフォームで提供するADNサービスも移動できるほか、キャパシティ/パフォーマンスなどの要件に応じて、負荷がオンプレミス環境からオフプレミス環境にスケールアウトされる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

Anuta NCX 【日立システムズ】
SDN
ネットワーク環境を可視化し、ポータルサイト上でネットワークの変更作業を可能とするソフトウェア。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042341


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ