理想科学、拡張性が強化された高速カラープリンタ4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


理想科学、拡張性が強化された高速カラープリンタ4機種を発売


掲載日:2012/10/30


News

 理想科学工業株式会社(理想科学)は、高速カラープリンタ オルフィスの新シリーズ「ORPHIS EX」シリーズを2013年1月17日(予定)に発売する。

 「ORPHIS EX」シリーズでは、高い生産性と経済性に加え、様々な用途で使用できるように拡張性が強化されている。速乾性が高く表面への定着度が向上した新インクを搭載したことで、両面プリント時の仕上がりが向上している。

 内製化のニーズに対応し、新たにくるみ製本や、封入封かんの自動化にも対応(オプション)し、チラシやリーフレットなど単一原稿の大量プリント、多部数の会議資料やマニュアルなどの小冊子、バリアブル印刷を活用した帳票やDMなど、様々な用途で利用できる。

 今回発売されるのは、片面毎分150枚/両面プリント毎分75枚の「ORPHIS EX9050」「ORPHIS EX9000」と、片面毎分120枚/両面60枚(いずれもA4ヨコ、標準設定連続印刷時)の「ORPHIS EX7250」「ORPHIS EX7200」。データの処理速度が向上し、バリアブルプリントをスピーディに処理できる。

 用紙搬送の安定性が向上し、軽量紙から厚紙までスムーズに搬送でき、薄くて軽い軽量紙に対応することで、プリント物の保管スペースの縮小やDM配送経費の削減を図れる。なお同社は、「ORPHIS EX」シリーズと合わせて、オルフィスEX専用軽量紙「理想用紙IJ Eライト」を同時発売する。

 オプションで、高速スキャン/コピー機能に対応するほか、新たにステープル機能を搭載した「ORオフセットステープル排紙トレイ」が用意されている。オプションで、様々な後処理に対応し、くるみ製本を全自動で行なえる「ORくるみ製本フィニッシャー」や、プリント後の三つ折り加工から封入封かんまでを全自動で行なう「ORメーリングフィニッシャー」が追加される。

 また、オプションの「OR大容量給紙ユニット」「OR大容量排紙ユニット」を組み合わせて使用することで、用紙の載せ替え不要で4000枚の給排紙を連続して行なえる。TEC値8kwを達成しているほか、タイマー運転機能を活用することで省エネも図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「理想科学工業」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042340


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ