TSOL、毎分200枚を読み取れ、A3サイズ超対応の卓上型OCRを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSOL、毎分200枚を読み取れ、A3サイズ超対応の卓上型OCRを発売


掲載日:2012/10/26


News

 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、卓上型OCR「OCR2000iモデル3500」を発売した。価格は320万2500円(税込)。

 「OCR2000iモデル3500」は、幅498mm×奥行き700mm×高さ430mm/重さ約75kg。新開発の高速OCRスキャナ「S3500」と、高精度文字認識機能や帳票識別機能などを備えた「OCRソフトウェア」で構成される。A3サイズを超える帳票も含めて、様々な帳票を一括して高速読み取りできる卓上型OCRで、流通業・自治体・金融機関などのデータ入力業務に適している。

 高速密着型イメージセンサ(CIS)を採用していて、卓上型OCRながら、毎分200枚(A4ヨコ)の読み取り速度を達成している。標準でA3超の長さ(458mmまで)の帳票を読み取れ、オプションでA3の1.5倍の長さ(630mm)の帳票に対応できる。また、帳票取り込み機構が強化されていて、様々な種類の帳票が混在した際の処理能力が向上している。

 外部インターフェースにUSB3.0を採用し、カラー画像読み取りの高速化も達成している。高性能な給紙・搬送技術に加え、従来機「S3000」ではオプションだったカラー読み取りと、超音波センサを利用した重送検知機構を標準で装備した。多色帳票やノンカーボン紙などの薄紙に加え、はがきなどの厚紙の帳票、クリアホルダまで様々な帳票に対応できる。

 環境調和型設計を採用していて、欧州RoHS指令に適合しているほか、光源には水銀非含有のLEDを採用、光源の長寿命化も達成している。また、国際エネルギースタープログラムに適合し、待機時消費電力は、「S3000」比で約60%低減されている。


出荷日・発売日 2012年10月25日 発売
価格 320万2500円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042283


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ