Joe’s、Comodo証明書のラインアップ改定、実在認証の審査も担当

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Joe’s、Comodo証明書のラインアップ改定、実在認証の審査も担当


掲載日:2012/10/26


News

 株式会社Joe’sクラウドコンピューティング(Joe’s)は、Joe’s SSL市場のComodo証明書のラインアップを11月1日に改定する。また、Joe’sがComodoの登録局になり、Joe’s SSL市場での実在認証タイプの注文に対して、DB(DUNS/TDB/TSR)の参照、コールバックなどの審査を行なう。

 今回の改定により、ドメイン認証タイプ(ロゴなし/ロゴあり/ワイルドカード)、実在認証タイプ(ロゴあり/ワイルドカード)、EVタイプの3タイプ6製品のラインアップが用意される。

 実在認証タイプのSSL証明書では、特に初回の審査では、DBコード(帝国データバンク/東京商工リサーチ/DUNS番号)を取得するか、タウンページへの掲載、または弁護士/公認会計士の意見書が必要になり、Joe’sから日本語で申請者に対して、電話で実在確認(本人確認)が行なわれる。

 Comodo製品からComodo製品に移行する場合、契約期限前に更新手続きが完了しても、更新後の証明書の有効年数が、その契約期限からの年数として計算される。ロゴは、ドメイン認証の場合はドメイン名のみが、実在認証の場合はドメイン名以外にその企業名/住所なども表示される。実在認証タイプのSSLを利用していて、更新時にEVに切り替える場合、更新時の契約される分に限り、それまでと同じ料金でEV証明書を購入できる。なお、SGCの証明書の販売は終了される。

 また、11月10日から、セコムトラスト証明書の契約年数の上限が4年に短縮されるが、既に契約している場合には特に影響はない。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? 【ジャパンシステム】 AXIOLE 【ネットスプリング】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042276


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ