Joe’s、Comodo証明書のラインアップ改定、実在認証の審査も担当

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Joe’s、Comodo証明書のラインアップ改定、実在認証の審査も担当


掲載日:2012/10/26


News

 株式会社Joe’sクラウドコンピューティング(Joe’s)は、Joe’s SSL市場のComodo証明書のラインアップを11月1日に改定する。また、Joe’sがComodoの登録局になり、Joe’s SSL市場での実在認証タイプの注文に対して、DB(DUNS/TDB/TSR)の参照、コールバックなどの審査を行なう。

 今回の改定により、ドメイン認証タイプ(ロゴなし/ロゴあり/ワイルドカード)、実在認証タイプ(ロゴあり/ワイルドカード)、EVタイプの3タイプ6製品のラインアップが用意される。

 実在認証タイプのSSL証明書では、特に初回の審査では、DBコード(帝国データバンク/東京商工リサーチ/DUNS番号)を取得するか、タウンページへの掲載、または弁護士/公認会計士の意見書が必要になり、Joe’sから日本語で申請者に対して、電話で実在確認(本人確認)が行なわれる。

 Comodo製品からComodo製品に移行する場合、契約期限前に更新手続きが完了しても、更新後の証明書の有効年数が、その契約期限からの年数として計算される。ロゴは、ドメイン認証の場合はドメイン名のみが、実在認証の場合はドメイン名以外にその企業名/住所なども表示される。実在認証タイプのSSLを利用していて、更新時にEVに切り替える場合、更新時の契約される分に限り、それまでと同じ料金でEV証明書を購入できる。なお、SGCの証明書の販売は終了される。

 また、11月10日から、セコムトラスト証明書の契約年数の上限が4年に短縮されるが、既に契約している場合には特に影響はない。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 指ハイブリッド認証 【NEC】 AXIOLE 【ネットスプリング】 NeoFace Monitor 【NEC】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042276


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ