事例:ほけんの窓口グループがサイボウズのクラウド版Garoon導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ほけんの窓口グループがサイボウズのクラウド版Garoon導入


掲載日:2012/10/25


News

 サイボウズ株式会社は、ほけんの窓口グループ株式会社が、大規模向けクラウドグループウェア「Garoon on cybozu.com」(Garoon)を4500名規模で導入し、本社と約320の店舗間を結び、本格稼動したことを発表した。

 ほけんの窓口グループは、保険相談・見直しを中立的にアドバイスする来店型店舗という保険流通チャネルを開拓した、店舗型乗合保険代理店。システム部門では急速に増える店舗と本社の情報共有を強化するため、2006年よりパッケージ版「ガルーン」を導入し、規模拡大に対応した。しかし、毎月100〜150人ほど人員が増えるという状況で、サーバのリソース確保が追いつかず業務に支障が出るレベルの遅延が頻発していた。

 そのような課題から、今年7月、ほけんの窓口グループは、柔軟にスケールアップできる基盤として、クラウド版「Garoon」へ移行することを検討し、9月には、2ヵ月で4500名規模のシステムリプレース行なった。クラウド版「Garoon」の採用によって、速度遅延は解消し、バージョンアップ作業やシステムメンテナンスの作業負担を削減することに成功した。

 「Garoon」は店舗・本社間のスケジュール管理や、連絡・報告業務に加え、全店舗への一斉発信に活用されている。ほけんの窓口グループが取り扱う保険商品は数百を超え、頻繁にある規約変更などの情報を適宜共有している。金融機関として遵守すべき規約、販売する上で取得すべき資格情報、保険販売のために必要な法律に関する情報など多岐で大量の情報を、「Garoon」上に集約し、検索性を高めることにより、顧客満足度を高めるコンサルテーションにつなげている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 InSite for Business 【ディスカバリーズ】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」にSharePointのサイトテンプレート「InSite」を標準実装。1名からでも利用可能。スマホ、iPad、携帯、マルチデバイス対応。 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 徹底解説:企業向けチャットツールを安全にカッコよく使う方法

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042269


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ