SAPジャパン、SAP HANAプラットフォームを強化、1PBを保持可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、SAP HANAプラットフォームを強化、1PBを保持可能に


掲載日:2012/10/23


News

 SAPジャパン株式会社は、SAP HANAプラットフォームを強化し、1PBの非圧縮生データを処理できる、インメモリDBシステムを発表した。また、アプリケーション開発者向けの新機能“アプリケーションサーバ機能”をSAP HANAに直接組み込んだと発表した。

 今回の強化で、インメモリクラスタを備えたSAP HANAは、優れた拡張性を備え、高速なリアルタイムの応答を維持しながら大規模なデータセットを処理でき、100ノード/100TBのインメモリシステムで、1日平均3億2800万回のトランザクションを処理する大企業の約10年分に相当する、1.2兆レコードに相当する1PBの非圧縮生データを保持できる。

 新しく拡張されたアプリケーションサービスでは、アプリケーションサーバの機能がサービスとして提供され、SAP HANA内に組み込まれるため、ひとつのインメモリプラットフォーム内でアプリケーションとデータ処理の間の無駄を省いて合理化でき、HTML5とJavaScriptに対応する。また、アプリケーションサーバとリアルタイムのデータサーバ技術を選択的に統合することで、アプリケーションレイヤの削減を図れるほか、データ処理とアプリケーション開発作業を合理化することで、リアルタイムアプリケーションの実現を図れる。

 開発者は、統合開発環境を使用して、データ処理にSQLScript、ロジック制御にJavaScript、ユーザインターフェース(UI)表示にHTML5を同じツールセットを使用して開発を行なえる。また、SAP HANA Studioには今後、モデリングとデバッグ作業時の使いやすさの改善、新しいチーム開発環境によるコラボレーション機能のサポートが含められる予定で、リボジトリ用のブラウザ、プロジェクト・エクスプローラー機能、SAP HANA内でネイティブなソースコード・リポジトリの追加も計画されている。

 SAP HANAでのアプリケーションサービスの拡張は、ODATA/ATOM/JSON/XML/XMLAなど、新しく利用可能になったデータ・アクセス・サービスを経由したサービスとして提供される予定で、様々なビジネスクリティカルなアプリケーションや消費者接点のアプリケーションにも使用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042192


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ