日本HP、ドッキングステーションを使用できるUltrabookを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ドッキングステーションを使用できるUltrabookを発売


掲載日:2012/10/22


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、法人向けPCの新製品で、Ultrabook「HP EliteBook Folio 9470m」を11月下旬(予定)に発売する。HP Directplus価格は9万5000円から。

 「Folio 9470m」は、幅338mm×奥行き231mm×高さ18.95mm/重さ約1.6kgというスリムな筺体に、プロジェクタなどへの接続に利用できるVGAポートや、ネットワークケーブルを接続するLANポート、USB3.0ポートを3基、SD/MMCスロット、スマートカードリーダなどビジネスPCに求められるインターフェースを標準搭載している。USBポートのうち1基は、電源オフ時でもUSB機器を充電できるPowered USB3.0ポートで、スマートフォンなどの充電にも利用できる。ポインティングデバイスは、大きなタッチパッドとポイントスティックを両方備え、19mmフルサイズキーボードにはバックライトを標準搭載する。また、薄型の構造ながら、メモリを増設でき、優れた操作性とメンテナンス性で生産性の向上を図れる。

 ディスプレイカバーとパームレストには、従来の塗装の数倍の耐久性を備えた“DuraFinish”コーティングを施したプラチナカラーのビードブラストアルミニウムを採用し、美しい質感とともに、高い堅牢性を備えている。

 法人での長期利用を前提に設計されていて、容易に交換できるバッテリを搭載している。13インチサイズのコンパクトな筐体に14インチの大画面とUltrabookならではの薄さ、可搬性、高速起動を備え、より高度な生産性を図れる。また、オプションのドッキングステーションを使用することで、電源や、4基のUSB3.0ポート、1基のPowered USB3.0ポートなどを容易に着脱でき、会議のたびにマウス/キーボード/スマートフォン/ACアダプタなどの周辺機器を外したりつけたりせずに、オフィスで快適に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 HP Directplus価格:9万5000円〜

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

3つのキーワードで見えてきた、働き方改革を実現する「デバイス活用術」 【VAIO】 「働き方改革」ガイド:残業抑制やテレワークを実現するIT活用法とは? 【大塚商会】 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 【大塚商会】 「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る 【レノボ・ジャパン株式会社】 クライアント環境に関するアンケート(2017年9月) 【アイティメディア】
ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン
3つのキーワードで見えてきた、働き方改革を実現する「デバイス活用術」 「働き方改革」ガイド:残業抑制やテレワークを実現するIT活用法とは? PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る クライアント環境に関するアンケート(2017年9月)

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042169


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ