ロジテックINAソリューションズ、Cube型NASなど2製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテックINAソリューションズ、Cube型NASなど2製品を発売


掲載日:2012/10/19


News

 ロジテックINAソリューションズ株式会社は、Windows Storage Server 2012を搭載したCube型のNAS「LSV-5S4CQW」シリーズを10月中旬に、Windows Storage Server 2008 R2 WorkgroupEditionを搭載した1u(高さ44.45mm)ラックマウント型のNAS「LSV-5S4R1W」シリーズを11月上旬に発売する。

 「LSV-5S4CQW」シリーズは、USB3.0ポートを2基搭載し、USB3.0対応HDユニットを利用することでバックアップ時間の短縮を図れる。筐体は、幅184mm×奥行き280mm×高さ193mmで設置場所を問わない。“ディスク暗号化機能”を標準搭載し、AES(Advanced Encryption Standard)XTSモード256ビット鍵長で、データの漏洩リスク軽減を図れる。また、ケンジントンスロットを搭載しているほか、高信頼性電源ユニットを搭載している。

 フリービット製のリモートアクセスツール「ServersMan@CAS」を標準搭載する予定で、iPhoneやAndroid端末から同製品内のデータにアクセスできる。また、オレガ製のディスク仮想化ツール「VVAULT Basic」を標準搭載する予定で、拡張バックアップユニットの容量統合や、簡易レプリケーションなどを行なえる。

 「LSV-5S4R1W」シリーズは、幅433mm×奥行き500mm×高さ43mmと小型で、19インチラックを活用できる。

 両シリーズとも、クライアントPCからリモートで操作でき、管理者の負担を軽減しながら、ファイル共有を簡単に管理できる。Windowsクライアント/Mac OS Xクライアント/Linuxクライアントでファイル共有を行なえる。また、CAL不要なので、低コストで利用でき、50ユーザまで登録できる上、Active Directoryに対応している。

 2TB/4TB/8TBの3つのラインアップが用意されていて、RAID 5構成で、1台のHDDに障害が発生してもデータへのアクセスを維持できるほか、ホットスワップに対応している。また、「ロジテックツール」を搭載し、Windows Storage Serverで未サポートの管理機能が追加され、NASをより便利に簡単に運用できる。また、1000BASE-T対応LANポート×2、デュアルコアCPU(1.8GHz)、4GBメモリを搭載し、高速データ転送を達成している。eSATAポートも搭載している。

 複数台管理にも利用できる液晶パネル、UPSを接続するためのシリアルポート(RS-232C準拠)、USB2.0ポートを搭載している。また、NAS本体にアプリケーションをインストールできるほか、システムリカバリDVDが標準添付されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項 【日本ヒューレット・パッカード】
NAS NAS NAS NAS NAS
データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは? オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042130


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ