三三、名刺管理のBYOD対応を強化できるプレフィックス機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


三三、名刺管理のBYOD対応を強化できるプレフィックス機能を提供


掲載日:2012/10/18


News

 三三株式会社は、名刺管理クラウドサービス「Link Knowledge」で、BYOD(Bring Your Own Device)対応の強化を図れる“プレフィックス機能”の提供を開始した。

 「Link Knowledge」では、交換した名刺をスキャンすることで、正確な名刺情報を安全なクラウド環境で組織的に管理できる。

 今回提供される“プレフィックス機能”では、モバイル版「Link Knowledge」から通話する場合に、特定番号を相手先電話番号の前に付与できる。これにより、個人携帯からの通話に法人契約の様々な割引通話サービスを適用できるほか、請求先を会社にすることで、精算にかかる間接コストの削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」 【日本マイクロソフト】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 社員にパワーを与えられなければ意味がない!マイクロソフトのデジタル変革 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042087


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ