鈴与システムテクノロジー、SaaS型の運送業管理システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


鈴与システムテクノロジー、SaaS型の運送業管理システムを提供


掲載日:2012/10/16


News

 鈴与システムテクノロジー株式会社は、SaaS型の運送業管理システム「e-ロジユソー クラウド」の提供を開始した。価格は月額1万9800円からで、運送明細が月に3000を超えた分は1明細単位の従量課金となる。

 「e-ロジユソー クラウド」では、運送明細/運転日報、請求支払、売掛、原価管理を行なえる上、得意先/車両損益の分析を行なえ、会社全体の収支を容易に把握でき、業務効率化による経費の削減を図れる。

 クラウドサービスで提供されるため、短期間で導入でき、セキュリティ対策/システム管理者が不要。鈴与グループ会社が運営するデータセンタに設置され、24時間365日監視体制で運用される。また、専用サポート窓口が用意され、不明な点はいつでもメールで問い合わせできる。専門のインストラクターによる訪問指導/運用相談も有償サービスで用意されている。

 運送売上、運転日報/入金/経費明細を入力できる。運転日報入力では、運行ごとの複写が可能。過去の日報を参照し、日報/経費/請求を複写後、登録できる。売上/経費入力では、行ごとの複写が可能。また、荷主への請求管理や、売掛/回収管理、傭車への支払管理を行なえる。請求業務をシステム化することで、処理を確実/迅速に行なえ、請求ミスを防止できる。

 乗務員の稼働状況を把握でき、売上/稼働時間/走行キロなどの実績/手当などを集計できる。車輌の売上/燃料費/修繕費/償却費/保険料などから損益集計し、今後の経営戦略に活用できる。また、得意先/車両の月別推移やABC分析を行なえる。インターネットに接続されているPCやスマートフォンでいつでも確認できる。WMS在庫管理システム「e-ロジソーコ」や財務会計システム、デジタコとのデータ連携も可能。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:1万9800円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】 SEALS融資システム 【SCSK】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042012


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ