採用:旭化成、コミュニケーション基盤をMSテクノロジに全面移行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:旭化成、コミュニケーション基盤をMSテクノロジに全面移行


掲載日:2012/10/15


News

 日本マイクロソフト株式会社は、旭化成株式会社がこれまでUNIXベースで構築していた社内のコミュニケーション基盤を、Microsoft Exchange Server 2010やMicrosoft SharePoint Server 2010、Microsoft Lync Server 2010などのマイクロソフト(MS)テクノロジに全面的に移行することを発表した。

 旭化成では、2003年の旭化成グループの持株会社制への移行により、事業スピードの向上などの成果があった一方で、ITの面では、9つの事業会社ごとにコミュニケーション基盤が細分化され、業務効率やグループ全体のガバナンスが低下するなどの新たな課題に直面したことから、グループ全体に横串を通すコミュニケーション基盤が求められていた。

 同社では、グローバルで活用しやすいことや、メール、ポータル、Web会議といった企業のコミュニケーション基盤に必要な幅広い機能をフルセットでカバーしていること、10年間のライフサイクルを保証していること、ライセンスの管理/有効活用が容易になることなどの理由により、MSテクノロジへの移行を決定した。2012年5月に稼働を開始し、2013年3月までに移行を完了する予定になっている。移行プロジェクトにおいては、綿密な事前準備により、約2万6000名のメール環境を1日で切り替えることにも成功している。

 MSテクノロジへの移行により、同社では、組織の壁を越えた情報共有や社員間のコラボレーションが容易になるとともに、遠隔地の2拠点にサーバを設置したことで災害時の備えを強化することもできた。

 旭化成 情報システム部 部長 市原 格氏は、“コミュニケーション基盤の移行にあたって重視したのは、グローバル展開の行ないやすさと、グループ全体のニーズに対応できるフル機能の装備です。これら2つの要件を満たすには、MSテクノロジの採用が最適だと判断しました”と述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】 クラウドPBXと固定電話のメリットだけ取るハイブリッド活用法 【日本マイクロソフト】 オンラインセミナー配信サービス V-CUBE セミナー 【ブイキューブ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。 Skypeと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は? Webセミナーのライブ配信や、オンデマンドコンテンツの配信ができるクラウド型配信サービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20042001


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ