シマンテック、組込み型ウイルススキャンソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、組込み型ウイルススキャンソリューションを発売


掲載日:2012/10/15


News

 株式会社シマンテックは、2種類の組込み型ウイルススキャンソリューションの新製品「Symantec Protection Engine For Cloud Services」「Symantec Protection Engine For Network Attached Storage」を発売した。

 「Symantec Protection Engine For Cloud Services」は、クラウドサービスプロバイダや、クラウドサービスを社内構築する企業を対象にした製品で、SMTPメールや携帯メール、インターネット上のWebアクセスやファイルダウンロード、オンラインストレージのファイル利用などのアプリケーションを脅威から保護でき、様々な市場セグメントの異なる要件にも対応できる。

 「Symantec Protection Engine For Network Attached Storage」は、Network Attached Storage(NAS)の保護を対象にした製品。遠隔地に設置されたストレージなど、物理的に管理が難しい場合でも、脅威を迅速に検知・駆除することで、社内のウイルス感染防止を図れる。

 「Symantec Protection Engine」は、メールスキャン/ファイルスキャンに加え、URLフィルタリングを使用したWebスキャン機能も装備している。今回新たに、Webコンテンツ分類サービスプロバイダ「RuleSpace」のURL情報を既存のDBと連携させたことで、URLフィルタリングが強化された。また、ほかのアンチウイルス製品と同様のセキュリティに関するコア技術群を搭載しているほか、グローバルインテリジェンスネットワーク(GIN)をサポートしていて、通常の定義ファイルに加え、新規の感染リスクに即時対応できる「Rapid Releaseファイル」にも対応したため、よりスピーディに脅威を検知できる。

 マルチスレッドとインメモリスキャンに対応したことで、高速なウイルススキャンを行なえ、従来の製品に比べパフォーマンスが約50%向上している。また、Linux/Solaris/Windowsを含む複数のOSをサポートし、運用要件にあわせて導入できるほか、「Symantec Protection Engine for Cloud Services」は、コマンドライン、C/Java/C#などのSDKを提供し、既存アプリケーションに容易に統合できる。

 大規模なトラフィック増加に対しても、APIベースの負担分散機能を利用することで、システムの高可用性を保てるほか、プロセスがダウンした場合でも、自動的に再起動することで、スレッドを自己回復し、サービスを継続できるように設計されている。


出荷日・発売日 2012年10月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041984


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ