IIJ、クラウド・オンプレミスで利用可能な監視サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、クラウド・オンプレミスで利用可能な監視サービスを提供


掲載日:2012/10/12


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、クラウドサービス「IIJ GIOサービス」のラインアップを拡充し、クラウドサービスやオンプレミス(ユーザ施設内)に構築したシステムを一元的に監視・運用する「IIJ GIO統合運用管理サービス」の提供を10月15日に開始する。

 「IIJ GIO統合運用管理サービス」では、ユーザに代わって、システムの稼働や使用状況を監視し、障害検知時の通知から、原因調査、障害復旧までを行なう。小規模システムの簡易な監視から、大規模なシステムの高度な障害復旧まで、監視・運用の対象・範囲をきめ細かく選択できる。これにより、クラウドとオンプレミスの利点を取り入れたシステムの運用を容易に行なえる。

 「監視サービス」「運用サービス」「プライベート接続サービス」で構成され、「監視サービス」では、同社の監視システムから、ユーザのシステムを24時間365日体制で監視する。機器の稼働状況・使用率などを監視し、異常検知時の通知を行なう。監視機能をSaaSとして利用できるため、監視の設定変更をユーザが即時に行なえる。

 「運用サービス」では、ユーザのシステムを24時間365日体制で運用する。アラート検知時の電話連絡、標準手順書を利用したオペレーションの実施、サーバプロセスの起動などを行なうほか、ユーザ個別の手順の実施、障害調査、復旧対応も行なう。また、専用のポータルサイト上で、定型作業の申請や月次報告書などの閲覧を行なえる。「プライベート接続サービス」では、同社の監視システムネットワークと、同社データセンタ内またはユーザ施設内のシステムをプライベート接続するほか、ユーザが保有しているIPアドレスの持ち込みや冗長化接続にも対応できる。なお、ユーザ施設内のシステムと接続する場合は、別途回線サービスを利用する必要がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 Ivanti Management Suite 【Ivanti Software】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041930


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ