採用:石川県庁、ソフトウェア資産管理構築にLanScope Catを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:石川県庁、ソフトウェア資産管理構築にLanScope Catを採用


掲載日:2012/10/10


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、同社の資産管理ツール「LanScope Cat」が、“石川県情報資産管理システム”のインベントリ情報収集ツールとして採用されたと発表した。

 石川県庁では、ソフトウェア資産管理(SAM)はITガバナンスに必要不可欠な要素と位置付けられている。その位置付けから、石川県庁はそれまでの「ソフトウェア資産台帳管理システム(SARMS)」と、「LanScope Cat」が自動で収集するハードウェア/ソフトウェアのインベントリ情報を連携させ、2011年3月にはソフトウェア資産管理の国際規格である“ISO/IEC 19770-1”に準拠したSAMを構築した。システムだけでなく規定類まで整備した運用で、20万本を超えるソフトウェアライセンスを正確に一元管理している。

 この取り組みに対しては、著作権の保護団体や、SAMのコンサルティングファーム、SAMユーザの評価も高く、一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)による、SAMのライセンスコンプライアンス対応部分の管理目標について、2011年に「SARMS」+「LanScope Cat」が関係する管理領域である「4.ライセンスの保有」「5.ソフトウェア及びハードウェアの導入」にて成熟度レベル3の判定を受けた。

 「SARMS」はオープンソースソフトウェアとして一般公開され、「SARMS」に関わるユーザ、ベンダなどで構成されるユーザ会が発足している。MOTEXは今後、「SARMS」ユーザ会とより一層協業体制を強め、「LanScope Cat」と「SARMS」を組み合わせたソリューションの提供やサポートで、顧客のIT資産の活用への貢献を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041891


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ