NTTデータ、オートスケール・従量課金対応クラウドサービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、オートスケール・従量課金対応クラウドサービス発売


掲載日:2012/10/09


News

 株式会社NTTデータは、クラウドサービス「BizXaaSプラットフォームサービス」のラインアップで、「BizXaaSプラットフォームサービス Flex」を発売した。

 「BizXaaSプラットフォームサービス」では、エンタープライズ向けに高信頼のシステム基盤をクラウドサービスとして提供している。今回発売された「BizXaaSプラットフォームサービス Flex」は、オートスケールや従量課金に対応した新サービス。

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)の、コストパフォーマンスに優れ、国内からのアクセスに対して低遅延・高レスポンスを備えたパブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」を基盤に、「BizXaaS」として運用監視サービスやマスタテンプレートなど、NTTデータのシステムインテグレーションノウハウでシステム基盤としてセットアップされた環境が提供され、ビジネスボリュームに応じた柔軟なリソース活用と効率的なシステム運用を図れる。

 死活監視やリソース監視に加え、ログ監視やプロセス監視に活用できる監視サービスが標準設計で提供され、効率的なアプリケーション運用をサポートする。SMTPサービスや運用監視エージェントなどをすぐに利用できる。

 ビジネスボリュームに応じたリソース変動に柔軟に対応できる。リソース閾値を設定することで、自動で仮想サーバの数を追加・削除する“オートスケール機能”を利用でき、業務量のピーク時対応を図れる。大容量配信サービスなど高トラフィックシステムに対しても、高コストパフォーマンスのネットワーク帯域が提供される。

 月額上限付きの従量課金で利用できる。起動時間単位での従量課金にも対応し、使用したい時にのみ起動することで、月末業務や季節限定業務にも高いコストパフォーマンスで利用できる。


出荷日・発売日 2012年10月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

APIとは何なのか?注目を集めている背景から活用のヒントを探る 【CA Technologies+他】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 「失敗しない開発会社の選び方」 開発会社への不満第1位は? 【発注ナビ】 システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ? 【発注ナビ】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
自分たちの発想だけで新しいアプリやサービスを生み出すには限界がある。こう考える企業が増えている。カギを握るのは「API」だ。APIとは何なのか? 活用のヒントを探る。 新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する? アプリケーション開発や展開の高速化にITインフラは追いつけるか データで分かる「失敗しない開発会社の選び方」――開発会社への不満第1位は? システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041837


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ